エプソムクリームを100人に処方。歯科クリニックで評価される理由

患部に直接塗って、マグネシウムをすぐ補給できる。あごの緊張をゆるめて、さまざまな不調の改善に。

  

2022年2月、個人の方からエプソムクリームの大量注文が入りました。その数なんと100個!「注文ミスでは?」と心配して問い合わせたのが、鈴木歯科クリニック鈴木勝博院長との出会いでした。「自分に使ってみて効果に驚いた。マグネシウムが手軽に補給できるので、ミネラル不足を疑う患者さんにどんどん試してもらっています」という院長。噛み合わせなどから全身の不調を診る院長に、エプソムクリームの活用についてお話を伺いました。

鈴木歯科クリニック 
鈴木勝博院長

岐阜歯科大学(現:朝日大学)歯学部卒。岐阜歯科大学補綴科助手を経て、名古屋市でクリニックを開業。名古屋市立大学医学部附属病院登録医。「対処療法ではなく、原因からの治療を」という思いで研究を重ね、独自のマウスピース「プレート」を開発。歯の噛み合わせからホリスティックな治療を行うため、線維筋痛症や鬱病など様々な不調を持つ人の駆け込み寺的な存在である。

https://sdc.nagoya

Q.どんな症状の患者さんに使用していますか?

噛み合わせにズレがあると咀嚼筋の過緊張と下顎のズレを招くのですが、その治療の一貫で、ミネラル不足を疑う方にエプソムクリームを患部に塗ることを勧めています。こういったズレや過緊張は姿勢(脊椎)や自律神経に関わり、頭を動かす働きをしている環椎(第一頚椎)の位置や動きに悪影響を及ぼします。実はこれがさまざまな不調に繋がっていることが多いんです。

私どもの医院には、顎関節症、肩凝り、腰痛、斜頸など整形外科的な問題だけでなく、頭痛、めまい、舌痛、不眠、うつ症状など自律神経の問題に悩んでいて、何かしら口腔の違和感を感じている方が多く来院されます。

プレート治療(独自開発したマウスピース)や生活習慣の指導でアゴズレと姿勢を治してから噛み合わせを改善していますが、その治療効果を上げるには頭頸部の筋の過緊張をゆるめることが欠かせません。たとえば、斜頸で笑わず喋らず引きこもりだった20代の女性が、治療の結果3ヶ月ほどで外に出られるようになったこともあります。そのぐらい顎は体の要(かなめ)で、ここにエプソムクリームが有効な場合があるわけです。

ミネラル不足は全身に関わるので、その効果は頭頸部に限った話ではありません。高校の時からずっと股関節の痛みに悩んでいるというスタッフに、にがりの摂取とエプソムクリーム、ストレッチを試してもらったらすっかり治り、本人もびっくりしていました。

Q.エプソムクリームを見つけた経緯は?

私自身55歳ごろから10年ほど何も運動しないでいたら、筋肉が落ちた上に下肢静脈瘤などの血行障害になって、寝ている時に脚がつるようになってしまいました。運動を始めたものの、1年経っても治らない。次にミネラル不足を疑い、食生活を見直してさらに1年。それでも少し良くなった程度でした。ネットでエプソムクリームを知り、「マグネシウム不足を皮膚から直接補えるなら簡便で良いな」と思い購入したんです。

夜中にこむら返りが起きた時に塗ってみたところ、わずか数分で痛みと痙攣が治まり、いつもの痙攣の連鎖が起きない。おかげでぐっすり眠れて驚きました。筋肉の痙攣や痛みに効果があることがわかったので、歯科治療にも使い始めました。ミネラル不足は実際試してみないと分からない部分なので、いろんな患者さんに試してもらおうと一気に注文しました。プライベートでもいつも枕元に置いています。

Q.効果の具体的な数値は出ていますか?

頭頸部の筋肉の過緊張の緩和には、他の手段の補助としてエプソムクリームを使用するので、効能があっても単独で使うこむら返りのようにはっきりとはわかり難いと思います。まだ症例数も期間も短いので、これから効果が判明してくると思います。

Q.マグネシウムの可能性について

マグネシウムは身体に必須のミネラルですが、今の日本人は精製塩を使用しているせいでミネラル不足を招いていると私は考えています。ホルモンバランスなど様々な影響が出ますが、中でも特に重要な働きはエネルギー代謝(ミトコンドリア)です。ここが機能しないとエネルギーが十分出ない。生きる上で不可欠な部分ですよね。クリームで効果が著しい人には、普段からミネラルをバランスよく多く含んだ塩をとることを勧めています。個人的には「ぬちまーす」がお勧めです。

エプソムクリームを塗ると、皮膚から直接マグネシウムが吸収され、局所の筋肉や皮膚に素早く効く。この点は特筆に値します。エプソムソルトの入浴もいいけど、さらに手軽に使えていいですね。必要な時にすぐ塗れるのが画期的ですし、とても重宝しています。